Play at records

*New album*
『Black & Red』
2011/5/25 released!
\3,000- MMR-048(DQC-686)
11 Songs MMRecords

彩られたムーヴメント、刻み続けるビート、時を超えて塗られていく、
赤と黒に!



1.Shuffle 11

2.Stay with me

3.ユニオンロッカー

4.存在

5.Cause We've Ended As Lovers

6.Black & Red

7.何も言うな

8.Funky New Yaer

9.オレンジ色の喫茶店

10.Go to go

11.喫茶店で聞いた会話 -Bonus track-





*Album*
『Timeless Rock'n Roll』
2006/6/28 released!
\2,940- MMR-031(DDCR-5016)
10 Songs MMRecords

2006年もアルバム攻撃! 今回は新曲集! カバーもあるけど…。
なにか、自然に湧き出たハードとポップなRock'n Roll!
ダイレクトに君に!



MMRecordsにて、通販受付中です。

1.Instant

2.Time has wings

3.教会通りのR&R

4.You

5.STEP FORWARD

6.MOON

7.不思議な夢

8.K.Y.U.L.

9.BLUE MIDNIGHT BLUE

10.海は恋してる -Bonus track-





*Album『1954 BLUES』*
2005/12/21 released!
\2,625- SCDC-00483
10 Songs SCITRON D.C.



1.Got My Mojo Working
Left=Morris F101  Right=Black strato
Solo=ES335

2.ノクターン・クラブ
All=Black strato

3.やせた女のブルース
Backing=ES335  Solo=Black strato

4.HIP,SHAKE,HIP
All=Black strato

5.港からやってきた女
Left=Black strato  Right=ES335
Vamp melody=Black strato  Solo=ES335

6.Ariyama vaccine
All=Black strato

7.Susie Q
Basic=Black strato
1st solo=ES335  2nd solo=Black strato
Slide=Black strato

8.Little wing
Black strato

9.OH! PLEASE
Basic=ES335  Solo=Black strato

10.1954 BLUES
Morris F101




*Album『It's a Rock』*
2005/3/2 released!
\2,940- MMR-022(DDCR-5005)
10 Songs MMRecords

解説というか、単なる僕の思いですな!

1.Whisky & Vodka
1983年に発表したARBの5th album『W』のオープニング・ナンバー。
この手のFunkナンバーって、アコギでもほぼ同じ感覚で弾けるから不思議。
たぶん、ずっとやるんだろうなぁ、この曲。

2.ジンク・TV・ボーイ
1988年、ソロ・デビュー。Album『IN』の1曲目だ。
当時、ジョージア・サテライツというバンドが人気上昇中で、なんか久し振りに
Bluesの3コードで曲を創ってみた今回は、Shuffleでやってみました。

3.ジェシー(摩天楼パッション)
甲斐バンドのオリジナルとしてはラストのアルバム『Repeat & Fade』から。
あの時は、甲斐さんVo.のバージョンしかなかったから、歌ってみました。

4.Check it,my heart
KIT 16の後期、カースケ、光浩、僕の三人で活動していた時期かなぁ。この曲は。
やっぱ共通項といえばストーンズっしょ?

5.トラブルド・キッズ
僕がARBに在籍した最後のAlbum『トラブル中毒』からの作品。
半音ずつ下がっていくベース・ラインが浮かんで、すぐに曲になった記憶が…。

6.Dance Music
Single『Black X'mas』のカップリング曲です。
オリジナルでも、2コーラス目は僕が歌ってます。だから、厳密にはセルフ・カバーは
ここだけかな…。歌中心に言うとね。

7.赤いドレスは着ないでおくれ
アマチュア・バンドからそのままデビューしたリンドンの3rd single。
曲紹介は、故・田中信昭氏。1975年、福岡にて。

8.ユニオン・ロッカー
PUNK BANDの持つポップ感は、僕の中のポップとブルースを結び付けてくれた。
そんな思いが強く残る曲なのだ。

9.さらば相棒
数少ないミディアム・ナンバーから、取り上げてみました。この辺りの感じは、子供の頃に
聴いたBlack Musicの影響が底辺にあるのだと思います。

10.Roll with me
昨年書いた曲です。やっぱ、最後はR&Rでパーッと終りましょ!


★MMRecords★では『It's a Rock』の通販もやっております。





*Album『Believe in R&R!』*
4/16 released!
\2,000- on-going OGCD-3002
8songs(6+2bonus tracks)

曲毎の使用ギターを紹介します。(若干の省略はご了承下さい。)

1.Believe in R&R
L side-昔から使ってる黒いテレ・カスタム。
R side-最近、オークションで入手したテレ・カスタム。

2.dizzy
L side-EPIPHONE REV.CASINO
R side-Les Paul(black)
Acoustic-Morris MF5002IT

3.Take anything
Basic-STRATO ’57Model
Over dub.-Les Paul(black)

4.world
Basic-STRATO環八CLAPTON
Over dub.-Les Paul

5.rule
All-STRATO環八CLAPTON

6.VIOLET SKY
Basic-STRATO ’57Model
Over dub.-STRATO環八CLAPTON

7.SANTANAKA
Basic-STRATO(blue)
Solo-EPIPHONE REV.CASINO

8.Don’t worry
All-Morris F101